ご挨拶

院内風景昭和41年に、父 太田済が、先代の院長として、この地に西荻クリニックを開設して以来、地域医療のお手伝いを続けさせていただいておりました。
平成20年から、父同様に地域医療への貢献を目指し、私がこのクリニックを継承しました。
さらなる近隣地域の医療への貢献をすべく、虎の門病院でつちかった診療技術をいかし、スタッフ一丸となって、質の高い総合診療をめざしております。

また尊敬する諸先生方をお招きし質の高い医療の実現を心がけております。
現在、多くの先生方からご協力を賜り、当院内において糖尿病、循環器(高血圧、不整脈、心疾患)、消化器、乳腺、皮膚腫瘍等の疾患に関しては専門的な診断や高度な治療が可能となっております。

さらに病気によっては、より専門の先生に診療をお願いする場合もあります。
近隣の各疾患専門の診療所との連携や、総合病院との連携をとり、それぞれの専門性をいかすことが、質の高い医療の提供につながると考えています。
当院内では診療することが難しい眼科、耳鼻科、婦人科、心療内科等に関しては近隣のクリニックに積極的にご紹介させていただいております。
また、入院が必要そうであったり、緊急な場合には、虎の門病院、社会保険中央病院、東京衛生病院、東京警察病院等と双方通行の連携をとりながら、診療を行なっております。
慶応義塾大学病院、東京女子医科大学病院、杏林大学病院、東京医科大学病院等の大学病院にも、診療や精密検査をお願いしております。

どのような病気でも同様ですが、早めに治療を開始することが重要です。しかし「病院に入りにくい」「病院・医師が怖い」といった気持ちから、なかなか足が向かない方もいらっしゃるかと思います。

その気持ちを少しでも和らげたいと、平成23年6月にリニューアルいたしました。新しいクリニックでは、明るい待合室と、ゆったりとしたスペースを設けました。
また、診療の前の緊張を少しでもほぐすことができればと、中待合に熱帯魚を楽しんで頂けるよう準備しました。
少しでもリラックスして、少しでも早く健康に戻れるよう、努力してまいります。

西荻クリニック 院長:太田栄一

PageTop